新交響楽団第246回演奏会


クリックで拡大します

日時: 2019年7月15日(月) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
東京芸術劇場 コンサートホール

曲目:
ベルリオーズ
 劇的交響曲「ロメオとジュリエット」より
プロコフィエフ
 バレエ組曲「ロメオとジュリエット」より
バーンスタイン
 「ウエストサイドストーリー」よりシンフォニックダンス

指揮:
   矢崎彦太郎

チケット: 指定席券販売
     S席 3,000円
     A席 2,500円
     B席 1,500円
チケット販売:
■チケットのお申し込み・お問い合わせ
・コンサートイマジン
 TEL: 03-3235-3777
(10:00~18:00 日曜・祝日を除く)

■チケットのお申し込み
・チケットぴあ
TEL: 0570-02-9999
  http://t.pia.jp/

・東京芸術劇場ボックスオフィス
 TEL: 0570-010-296
 (10:00~19:00 休館日を除く)
(PC) http://www.geigeki.jp/t/
(携帯)  http://www/geigeki/i/t/

※0570で始まる電話番号は、一部携帯電話・PHS・IP電話では受付ができません。

【3つのロメオとジュリエット】
 シェイクスピアの戯曲「ロメオとジュリエット」は、古くからオペラやバレエなどに形を変え、現代でも映画やミュージカルとして上演されています。今回の演奏会では、それらの中から3人の作曲家による音楽を演奏します。

■ベルリオーズのロメオとジュリエット
 フランスの作曲家ベルリオーズは、「幻想交響曲」に代表される巧みでドラマティックな作風で知られ、管弦楽法の父とも称されています。ロメオとジュリエットを題材にして作曲された劇的交響曲は、3人の独唱と合唱が付いた1時間半を超える大作で、そのため現在でも上演機会の少ない作品ですが、ベルリオーズらしい美しい旋律の斬新な音楽となっています。

■プロコフィエフのロメオとジュリエット
 ロシアの作曲家プロコフィエフは、レニングラードのキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)からの依頼でロメオとジュリエットのバレエ音楽を作曲しました。途中キーロフが手を引き、代わりに契約したモスクワのボリショイ劇場も踊るのは不可能とし、作曲から3年後にようやくチェコのブルノで初演されました。それまでの間に作曲家自身によりコンサート用組曲に編み直され、先に音楽だけが初演されたのでした。

■そしてバーンスタイン
 バーンスタインはアメリカ人で20世紀後半に世界的に活躍した指揮者で大スターでした。作曲家としても一流で3つの交響曲やミュージカルなど舞台音楽を残しています。振付師で演出家のジェローム・ロビンズから「ロメオとジュリエット」のブロードウェイ版をやろうと提案され、ニューヨークのスラム街での不良たちの抗争を題材として作られたのがミュージカル「ウェストサイド・ストーリー」です。ロメオとジュリエットがトニーとマリアに、敵対するモンタギュー家とキャピュレット家はポーランド系アメリカ人とプエルトリコ系アメリカ人の2つの不良グループに置き換わります。映画にもなり現在でも上演される人気の演目です。
 今回演奏する「シンフォニックダンス」は作曲者自身がミュージカル中の主要曲を集めて大編成のオーケストラ用に編曲したものです。
 どうぞお楽しみに!(H.O.)

お問い合わせ先:
<ホームページ>http://www.shinkyo.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
新交響楽団の演奏会一覧
新交響楽団全演奏曲リスト
新交響楽団のホームページ
ベルリオーズの劇的交響曲「ロメオとジュリエット」のCDを検索
プロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」のCDを検索
バーンスタインのミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus