新交響楽団 第247回演奏会


クリックで拡大します

日時: 2019年10月13日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
東京芸術劇場コンサートホール

曲目:
ドヴォルザーク
 交響詩「水の精」
ドヴォルザーク
 交響詩「真昼の魔女」
ドヴォルザーク
 交響詩「金の紡ぎ車」
ドヴォルザーク
 交響詩「野鳩」
ドヴォルザーク
 交響詩「英雄の歌」

指揮:
   寺岡清高

チケット: 指定席券販売
     S席 3,000円
     A席 2,500円
     B席 1,500円
チケット販売:
88ペアチケット(お二人様で合計88歳以上のお客様は合計金額から1,000円を割引きいたします。下記コンサートイマジンのみ取り扱い)

チケットのお申し込み・お問い合わせ:
コンサートイマジン 03-3235-3777(10:00~18:00 日曜・祝日を除く)
チケットぴあ 0570-02-9999
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1933302&rlsCd=001&lotRlsCd=
東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(10:00~19:00 休館日を除く)
(PC) http://www.geigeki.jp/t/  (携帯) http://www/geigeki/i/t/
【ドヴォルザークの連作交響詩】
 今回の演奏会ではドヴォルザーク晩年に作曲された交響詩5曲を一挙に演奏します。
 すでに国際的に認められプラハ音楽院教授をしていたドヴォルザークは、ニューヨークのナショナル音楽院に招聘され、4年間の渡米中に交響曲第9番「新世界より」や弦楽四重奏曲「アメリカ」といった名曲を書きましたが、ホームシックにより任期を中断してプラハに戻りました。故郷への想いを強くして取組んだのがこれらの交響詩でした。尊敬していた同じチェコの作曲家であるスメタナが、チェコの自然と歴史を音楽にした連作交響詩「わが祖国」にも影響されたでしょう。ドヴォルザークがこれらの交響詩を作曲したのは、帰国した翌年の55歳。奇しくもスメタナが「わが祖国」を書き終えたのも55歳の時でした。

【チェコの民話による交響詩】
 最初の4曲は、チェコの作家・民俗学者エルベンの詩集「花束」を題材にしています。チェコの民話に基づくもので、エルベンは「チェコのグリム」とも言われています。
 簡単にお話を説明しましょう。
「水の精」娘が水の精と結婚し水の世界に住んでいたが、実家に帰ってなかなか戻らないので、水の精は怒って自分たちの子供を殺す。
「真昼の魔女」 母親が「悪いことをすると魔女が来る」と子供を叱るので、悪口を言われた魔女が復讐のために子供を殺す。
「金の紡ぎ車」 王に見染められた美しい娘を、継母が実娘を嫁がせようと殺すが、魔法使いが生き返らせる。金の紡ぎ車がその件を王に話して、継母と実娘は死刑になる。
「野鳩」 夫を殺して若い男と再婚した妻が亡夫の墓を参ると、傍らの樫の木で亡夫の生れ変わりの鳩が鳴き、良心の呵責で妻は自殺する。
 題名を見るとメルヘンチックですが、実は物騒な話です。しかしチェコ民族の教訓や人生観が表れているのかもしれません。曲は活き活きとしており、魅力的なメロディで語られます。
 余談ですが、ドヴォルザークは大の鉄道マニアとして知られていますが、鳩の飼育も趣味にしていたということです。

【英雄の物語の交響詩】
 「英雄の歌」は若き日の英雄が意志と自信を持ち、困難に会い悲観と失望、それに打ち勝って最後は勝利を収めるというストーリーです。英雄はドヴォルザーク自身とも言われており、R.シュトラウスの「英雄の生涯」を思わせますが、「英雄の歌」の方が1年早く作曲されました。
 初演はマーラーが指揮し、ブラームスの追悼演奏会としてブラームス交響曲第2番とともに演奏されました。ブラームスはドヴォルザークの才能を見出して世に出るきっかけを作り、渡米中の楽譜の校訂を引き受けるほど親しくしていました。マーラーは曲を気に入り、その後もドヴォルザークの良き友人であり支援者であったということです。
 どうぞお楽しみに!(H.O.)

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
新交響楽団の演奏会一覧
新交響楽団全演奏曲リスト
新交響楽団のホームページ
ドヴォルザークの交響詩「水の精」のCDを検索
ドヴォルザークの交響詩「真昼の魔女」のCDを検索
ドヴォルザークの交響詩「金の紡ぎ車」のCDを検索
ドヴォルザークの交響詩「野鳩」のCDを検索
ドヴォルザークの交響詩「英雄の歌」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus