新交響楽団 第255回演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年10月31日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
東京芸術劇場コンサートホール

曲目:
ワーグナー
 歌劇「リエンツィ」序曲
ワーグナー
 歌劇「タンホイザー」序曲
ブルックナー
 交響曲第3番

指揮:
   飯守泰次郎

チケット: 指定席券販売
     S 3,000円
     A 2,000円
チケット販売:
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeEvSx6L4JG6WsKYYCAakcQVVlsnpVmMVk_3-BLeVQraLbSbA/viewform
【遅咲きの大作曲家ブルックナー】
 ブルックナーはオーストリアの大作曲家、今年が没後125年にあたります。リンツ近郊の村に生まれ、聖フローリアン修道院で聖歌隊として学び、同修道院の教師、オルガニストを経て、リンツ大聖堂のオルガニストとなります。その後本格的に作曲を行い、ウィーンに出たのが44歳でした。
 ブルックナーは通し番号のないものを含め11の交響曲を書いていますが、それらはいずれも宗教的でオルガンの響きと自然の森を想わせ、独自の世界があります。
【ワーグナーに献呈した交響曲】
 今回演奏する交響曲第3番には「ワーグナー」というニックネームが付いています。ブルックナーはリンツ時代にワーグナー作品を研究してから熱烈なワーグナー信者で、第3交響曲の初稿を持ってバイロイトのワーグナー宅を訪ね献呈を受けてもらったのです。しかしウィーン・フィルに演奏不可能と判断され演奏が見送られ、第2稿の初演も失敗に終わったのでした。
 ブルックナーの交響曲は、複数の稿(本人による書き換え)や版(編集や校訂)が存在することが特徴で、自身のより良くしようという音楽的欲求が反映されているのでしょう。今回演奏する第3稿は初稿から16年後に改訂されたもので、作曲家としての地位が確立し第8交響曲を作曲している時期です。初稿から大きく変更されワーグナーの影響は減りましたが、洗練されてわかりやすい曲となっています。

【パリのワーグナー】
 ワーグナーはドイツの大作曲家、ブルックナーより11歳年上です。ベートーヴェンからのロマン派音楽の流れを交響曲という形で受け継いだブルックナーとは対照的に、ロマンティック・オペラに発展させたのがワーグナーです。20代後半で3年間パリに滞在していた時に「リエンツィ」を作曲しましたが、パリでの上演がかなわずドレスデンで初演しました。その後作曲した「タンホイザー」は、パリ公演の際にバレエの挿入を求められ改訂したにもかかわらず3日で中止となったのでした。
 どうぞお楽しみに!(H.O.)

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
新交響楽団の演奏会一覧
新交響楽団全演奏曲リスト
新交響楽団のホームページ
ワーグナーの歌劇「リエンツィ」のCDを検索
ワーグナーの歌劇「タンホイザー」のCDを検索
ブルックナーの交響曲第3番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus