豊島区管弦楽団 ニューイヤーコンサート


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年1月8日(土) 
開演: 17時 (開場: 16時)
   
会場:
東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

曲目:
J.シュトラウスⅡ
 喜歌劇『くるまば草』序曲
ドヴォルザーク
 チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
ムソルグスキー(ラヴェル編曲)
 組曲『展覧会の絵』

指揮:
   和田 一樹

チケット: 指定席券販売
     前売 1,000円
     当日 1,200円
チケット販売:
【電話申込】
としまチケットセンター 0570-056-777 (10時から17時・臨時休業あり)
【WEB申込】
公益財団法人としま未来文化財団の公演情報から、本公演のページ下の「インターネットお申込み」ボタン (発売日よりページ下部に表示されます) より申し込み。
【窓口申込】
豊島区東池袋1-20-10 としま区民センター1F としまチケットセンター (10時から17時・臨時休業あり)
毎年ご好評いただいているニューイヤーコンサート、今年も華やかなプログラムを用意しました。
幕開けは、これまでウィーンフィルのニューイヤーコンサートに13回取り上げられているJ.シュトラウスⅡの喜歌劇『くるまば草』序曲。最初から最後まで楽しさ一杯で、魅力的な旋律に満ちた、ニューイヤーに相応しい佳作です。

中プロには名曲中の名曲、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を選びました。ドヴォルザークがアメリカから帰国する直前の1894年から1895年に書かれたこの作品もまた、ドヴォルザークならではの美しい旋律が次々と登場し、聴く者を魅了します。ソリストには、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者の門脇大樹さんをお迎えします。

メインプログラムは、ムソルグスキーのピアノ曲を指揮者クーセヴィツキーの依頼によりラベルが管弦楽用に編曲した、組曲『展覧会の絵』。説明不要の名曲ですが、ムソルグスキーのロシア的なピアノ曲がラヴェルの手によって色彩豊かなオーケストラ作品に生まれ変わりました。ラヴェルならではの演奏の難所があちこちに現れ、各楽器のソロも聴きどころの一つです。

新しい年が、希望と喜びに満ちた年になることを願いながら、心を込めて演奏します。
是非ご来場ください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
豊島区管弦楽団の演奏会一覧
豊島区管弦楽団全演奏曲リスト
豊島区管弦楽団のホームページ
ヨハン・シュトラウス2世の喜歌劇「くるまば草」のCDを検索
ドヴォルザークのチェロ協奏曲のCDを検索
ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus