豊島区管弦楽団 第88回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2019年3月10日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時)
   
会場:
東京芸術劇場 コンサートホール

曲目:
J.Sバッハ(E.エルガー編曲)
 幻想曲とフーガ ハ短調 BWV537(Op.86)
A.マニャール
 葬送の歌 Op.9
A.ブルックナー
 交響曲第8番 ハ短調 WAB108(ハース版)

指揮:
   和田 一樹

チケット: 指定席券販売 800円
チケット販売:
チケットぴあ 0570-02-9999
http://t.pia.jp/ (Pコード:134-527)
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1853275

東京芸術劇場ボックスオフィス(東京芸術劇場1階)
午前10時~午後7時(休館日を除く)
0570-010-296(ナビダイヤル:午前10時~午後7時 休館日を除く

豊島区管弦楽団第88回定期演奏会は、ドイツ後期ロマン派音楽の至高の傑作、ブルックナーの交響曲第8番を取り上げる。荘厳、重厚、そして神々いまでに美しい音楽だ。
当団がこの曲を演奏するは26年ぶり。あの日、山岡重信指揮もとで繰り広げられた熱演には、聴衆から熱狂的な拍手喝采が寄せられた。豊島区管弦楽団が四半世紀の時を経たいま、どんな演奏を繰り広げるのか。
カップリングは、このオケならでマニアックな選曲。「フランスのブルックナー」とも呼ばれるマニャール。実際は作曲者どうしにつながりはないが、コラール風の響き満ちた敬虔な音楽は、ブルックナーにとても似つかわしい。
もう1曲は、ブルックナーと同じく「教会の音楽家」だったバッハのオルガン曲をエルガーが施した壮麗なオーケストラ編曲でお聴きいただこう。
和田一樹氏との共演も5年目を迎えている。成熟したコラボレーションで、いよいよ挑む深遠なる大曲。どうぞお楽しみに!

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
豊島区管弦楽団の演奏会一覧
豊島区管弦楽団全演奏曲リスト
豊島区管弦楽団のホームページ
J.S.バッハの幻想曲とフーガのCDを検索
アルベリク・マニャールの葬送の歌のCDを検索
ブルックナーの交響曲第8番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus