Traum Symphoniker 第11回演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年9月17日(土)
会場:
パルテノン多摩 大ホール

曲目:
F.メンデルスゾーン
 序曲「フィンガルの洞窟」Op.26 (1830 / Rome Version 1)
F.メンデルスゾーン
 ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64 (1844 Version)
  ヴァイオリン: 三上亮
F.メンデルスゾーン
 弦楽のためのシンフォニア 第2番 ニ長調
F.メンデルスゾーン
 交響曲第4番「イタリア」 イ長調 Op.90 (1833 Version)

指揮:
   石川智己(音楽監督)

今回、私共Traum Symphonikerがお送りするのはALLメンデルスゾーンプログラムです。
ヴァイオリン協奏曲のソリストには、当団トレーナーでもある三上 亮氏(広島交響楽団 客員コンサートマスター)をお迎えいたします。

曲目だけを見ると、メンデルスゾーンのよく知られた曲目なのですが、今回は、オリジナルもしくはオリジナルに最も近いといわれるバージョンでの演奏となります。
いつも聴いている、「フィンガルの洞窟」、ヴァイオリン協奏曲、「イタリア」とは一味(曲によっては二味以上)違うメンデルスゾーンをどうぞお楽しみに。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
Traum Symphonikerの演奏会一覧
Traum Symphoniker全演奏曲リスト
Traum Symphonikerのホームページ
メンデルスゾーンの序曲「フィンガルの洞窟(ヘブリデン)」のCDを検索
メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調のCDを検索
メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲第2番のCDを検索
メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus