ヨハン・シュトラウス2世

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Straus II),全名はヨハン・バプティスト・シュトラウス(Johann Baptist Straus, 1825年10月25日 - 1899年6月3日)はオーストリアのウィーンで活躍した作曲家/指揮者/ヴァイオリニスト。。生涯の多くを、ウィンナワルツの作曲に捧げ、「ワルツ王」と評される。音楽の都「ウィーン」の代表的な作曲家であり、「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」は、彼やシュトラウス・ファミリーの作品を中心にプログラムを組まれる。
●ヨハン・シュトラウス2世の曲を演奏する演奏会
(今後のが6件、過去のが670件登録されています)

●登録されているヨハン・シュトラウス2世の作品一覧(40件登録)
●ヨハン・シュトラウス2世のCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 喜歌劇「こうもり」:315回
2. 皇帝円舞曲:109回
3. ワルツ「美しく青きドナウ」:106回
4. ワルツ「春の声」:56回
5. 雷鳴と電光:45回
6. 「ウィーンの森の物語」:42回
ヨハン・シュトラウス2世率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. ウィンナー・ワルツ・オーケストラ:100%のヨハン・シュトラウス2世率
2. 海神交響楽団:37.5%のヨハン・シュトラウス2世率
3. ニューイヤー祝祭管絃楽団:35.2%のヨハン・シュトラウス2世率
4. すみだオペラ:33.3%のヨハン・シュトラウス2世率
ネット上のヨハン・シュトラウス2世関連情報(自動収集)
〔「こうもり」序曲/アンネン・ポルカ/ラデツキー行進曲 他〕ボスコフスキー/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (2017-10-21 07:09:38)
comments powered by Disqus