エロール

ルイ・ジョゼフ・フェルディナン・エロルド(またはエロール、Louis Joseph Ferdinand Herold, 1791年1月28日 パリ - 1833年1月19日 テルヌ)は19世紀フランスのオペラ作曲家。ピアノ曲や管弦楽曲も数多く手がけた。今日では、オペラ《ザンパ》とその序曲や、バレエ音楽《おてんば娘リーズ》が最も有名である。
●エロールの曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが57件登録されています)

●登録されているエロールの作品一覧(1件登録)
●エロールのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 歌劇「ザンパ」:57回
エロール率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 京都産業大学神山交響楽団:10%のエロール率
2. 近畿大学文化会交響楽団:8.3%のエロール率
3. 船橋ピアチェーレ・オーケストラ:5.5%のエロール率
4. 日本医科大学・女子栄養大学ハルモニアオーケストラ:3%のエロール率
ネット上のエロール関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus