ヤナーチェク

レオシュ・ヤナーチェク(Leoš Janáček, 1854年7月3日 - 1928年8月12日)は、モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。
モラヴィア地方の民俗音楽研究から生み出された、チェコ語のリズムや旋律を活かした独自の音楽語法を用い、朗唱風のオペラをはじめ、管弦楽曲、室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲に多くの作品を残した。

●ヤナーチェクの曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが33件登録されています)

●登録されているヤナーチェクの作品一覧(12件登録)
●ヤナーチェクのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 弦楽のための組曲:11回
2. シンフォニエッタ:8回
3. 管楽六重奏のための組曲「青春」:4回
4. 弦楽のための牧歌:2回
4. 狂詩曲「タラス・ブーリバ」:2回
4. ピアノ・ソナタ「1905年10月1日、街頭にて」:2回
ヤナーチェク率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. HazenStern:12.5%のヤナーチェク率
2. アンサンブル・オルフェーオ:10%のヤナーチェク率
3. Ensemble Mille:8.3%のヤナーチェク率
4. 湘南弦楽合奏団:5.7%のヤナーチェク率
ネット上のヤナーチェク関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus