カルウォーヴィチ

ミェチスワフ・カルウォーヴィチ(Mieczysław Karłowicz, 1876年12月11日 - 1909年2月8日)はポーランドの作曲家・指揮者・登山家・作家・写真家。 存命中は、とりわけその華麗な交響詩により、ポーランド音楽界の再生を担う希望の星として、シマノフスキ以上に将来を有望視されていたが、タトラ山脈にてスキー遠征中に、雪崩に遭遇し死去した。作風は、すぐれて甘美な叙情性をもつ旋律と、半音階的な和声の充実、色彩的な管弦楽法を特徴とする。
●カルウォーヴィチの曲を演奏する演奏会
(今後のが0件、過去のが4件登録されています)

●登録されているカルウォーヴィチの作品一覧(4件登録)
●カルウォーヴィチのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. 弦楽セレナード:2回
2. 交響詩「オシヴィエンチモフ夫妻、スタニスワフとアンナ」:1回
2. ヴァイオリン協奏曲:1回
2. 交響曲「復活」:1回
カルウォーヴィチ率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. オーケストラ《エクセルシス》:6.6%のカルウォーヴィチ率
2. 早稲田大学弦楽合奏団律ゾリステン:0.8%のカルウォーヴィチ率
3. アモルファス合奏団:0.7%のカルウォーヴィチ率
4. ザ・シンフォニカ:0.5%のカルウォーヴィチ率
ネット上のカルウォーヴィチ関連情報(自動収集)
登録はありません
comments powered by Disqus