弁天百暇堂 vol.14 灼熱煽動(しゃくねつせんどう)


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2022年12月4日(日)
会場:
加賀町ホール

曲目:
シャブリエ
 狂詩曲『スペイン』[木管五重奏版]
ピアソラ
 リベルタンゴ[木管五重奏&パーカッション版]
トゥリーナ
 闘牛士の祈り op.34
ファリャ
 『恋は魔術師』よりパントマイムと火祭りの踊り
ザイマン:
 ファンタジア・メキシカーナ
ヒナステラ
 組曲『エスタンシア』op.8a(室内楽版/内田 吐夢 編)


うんざりするほどの蒸し暑さに「早く夏が終わってしまえばいいのに」とグチっていても、いざ涼しくなると「ああ、今年も夏を満喫できなかったなぁ」と後悔、そんなことをこのところ繰り返しているような気がします。ていうか、そもそも、3年もアレに右往左往させられるなんて想定してなかったよね…
そんな憂鬱な気持ちを吹っ飛ばすライブ、やっちゃいます。知らない曲でも、浮き立つようなリズムを耳にしたらワクワクドキドキ。“真冬のラテン”、おおいに楽しみましょう!

---

〈弁天百暇堂〉は、“音楽仲間といっしょに、様々な編成のアンサンブルにチャレンジする「場」”として、2003年にスタートした「寄せ集め」プロジェクトです。
ある週末限定ヴィオラ弾き(首謀者)の呼びかけにより、アマチュアオーケストラ団員をはじめ、大学や職場の同僚・後輩、家族など、多くの音楽愛好家が参加しています。

2004年3月の立ち上げ公演以降、途中約4年の中断期間がありましたが、おおむね年1回のペースで定期公演=[本館]を開催。毎回異なるテーマを掲げ、有名曲も秘曲も満遍なくとりあげる選曲を特徴としています。
並行して、特定の作曲家や編成に焦点を絞る[別館]シリーズ(2020年~)、弦楽四重奏に特化した[分室]シリーズ(2022年~)を企画。より幅広いプログラムに対応できるようになりました。

〈弁天〉とはご存知、音楽・弁説・才智の神として崇敬されている弁財天のこと。また〈百暇堂〉には、何でも売っている百貨店に因んで、多種多様なプログラムを実現する場、そしてアマチュア演奏家(=ヒマ人)の集う場、という意味をひっかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
弁天百暇堂の演奏会一覧
弁天百暇堂全演奏曲リスト
弁天百暇堂のホームページ
シャブリエの狂詩曲「スペイン」のCDを検索
ピアソラのリベルタンゴのCDを検索
ホアキン・トゥリーナの闘牛士の祈りのCDを検索
ファリャのバレエ「恋は魔術師」のCDを検索
アルベルト・ヒナステラの「エスタンシア」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus