エール管弦楽団 筋肉協奏曲マッスル!ハッスル!クラシック!


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2023年3月5日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:
サントリーホール大ホール

曲目:
AIVA:
 筋肉とテンション 世界初演
ビゼー
 「アルルの女」第2組曲より「ファランドール」
チャイコフスキー
 バレエ組曲「くるみ割り人形」より「葦笛の踊り」「トレパーク」
グリーグ
 「ペール・ギュント」第1組曲より「朝」
サン=サーンス
 歌劇「サムソンとデリラ」より「バッカナール」feat.タヒチアンダンス

指揮:
   鯵坂圭司
   コンサートミストレス(ヴァイオリン): 橋森ゆう希
   アソシエイトコンサートマスター(ヴァイオリン): 鍵冨弦太郎

チケット: 指定席券販売
     SS席 10,000円
     S席 8,000円
     A席 6,000円
チケット販売:
小人(4歳以上12歳以下)は各半額
学生(中学校・高校・大学):1,000円(入場時に学生証を確認します。大学院は対象外)
チケットぴあ: https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2243531
teket(学生のみ): https://teket.jp/2885/18804
サントリーホール: https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20230305_M_2.html
異色コラボや最新テクノロジーを通じ、子どもも大人も楽しめる新しいソーシャル・エンターテインメントの創出に挑戦しているクラシカエール。第6弾となる『筋肉協奏曲~マッスル!ハッスル!クラシック!』は、題名の通り”筋肉”と”クラシック”の協奏がテーマ。コロナ禍で閉じこもりがちな日常を離れ、人生100年時代に向けて、より健康的な毎日を過ごせるように、心と身体にワクワクを、そして「暮らし・変える」新しい一歩を踏み出したくなるようなコンサートをお届けします。
オーケストラによる演目は音楽監督も務める鯵坂が「ファランドール」「バッカナール」等による名曲を”筋肉との協奏”をイメージする曲として選曲しました。第1部では”見る筋肉・感じる筋肉”をテーマにさまざまなコンテンツで筋肉とクラシックが協奏します。人工知能(AI)作曲家AIVA(エイヴァ)が作成した「筋肉とテンション」の演奏の中、オリンピックメダリスト&シルク・ドゥ・ソレイユ日本人初出演の奥野史子さん提案の空中演舞エアリアルの演技から始まり、「ファランドール」の演奏の中、ボディビルダーが集う筋肉紳士集団オールアウトによるパフォーマンスを実施。それらのパフォーマンスをNOK株式会社(東京都港区)によるデバイス:Sottoコネクトにより筋肉の収縮が発する電気信号を収集し、株式会社VISUALBEATS(本社:東京都千代田区)が映像化します。
また、オガトレ・ストレッチ・スペシャル3部作として118万人(2022年12月時点)のフォロワーを持つYouTuberオガトレともコラボを実現し、お客様自身が持つ筋肉を会場でストレッチとともに感じていただきます。さらに「バッカナール」の演奏の中、マノヒバ・ジャパンによるタヒチアンダンスの演舞で筋肉の躍動を感じていただきます。多様な筋肉ソリストとの協奏(コンツェルト)は本邦初の試みです。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
エール管弦楽団の演奏会一覧
エール管弦楽団全演奏曲リスト
エール管弦楽団のホームページ
ビゼーの「アルルの女」組曲のCDを検索
チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」のCDを検索
グリーグの「ペール・ギュント」のCDを検索
サン=サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus