クレセント・フィルハーモニー管弦楽団 第33回演奏会


クリックで拡大します

日時: 2018年8月12日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
三鷹市芸術文化センター 風のホール

曲目:
田丸和也:
 クラリネット四重奏のための小組曲 作品37
A.ドヴォルジャーク(鈴木栄一編曲)
 弦楽四重奏曲 第12番 ヘ長調 作品96 「アメリカ」より第4楽章(クラリネット四重奏版)
A.ドヴォルジャーク
 チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
  チェロ独奏: 藤元 裕也
A.ドヴォルジャーク
 交響曲 第9番 ホ短調 作品95「新世界より」

指揮:
   高野 哲夫

チケット: 自由席 入場無料
チケット販売:
入場無料・全席自由のコンサートとなっております。どなたでもお気軽にご来場いただけます。座席の事前指定や確保はできません。
開場前は混雑が予想されますので、お早目にお越しください。
アントニーン・ドヴォルジャーク(1841 - 1904)はチェコを代表する作曲家です。その作品の中でも、特に多くの人に親しまれている「チェロ協奏曲」(1896年初演)と、交響曲第9番「新世界より」(1893年初演)他を演奏いたします。
チェロ協奏曲は、通称“ドヴォコン”とも呼ばれ、世にあまたある協奏曲の中でも屈指の名曲として高い人気を誇るとともに、チェロ奏者にとって最も重要なレパートリーです。今回は、チェロ独奏に藤元裕也氏を迎えて演奏いたします。

ドヴォルジャークは北ボヘミアで生まれ、プラハで活躍し、生涯にオーストリア、イギリス、ロシア、アメリカなど、多くの国を訪れた「旅する作曲家」でした。各地で出会った民族音楽の調べは彼の豊かなイマジネーションの源となり、懐かしく郷愁を誘う美しいメロディをたくさん残しています。また「鉄道ファン」としても有名で、プラハの住居近くの線路沿いを散歩するのが日課でした。「新世界より」第4楽章の冒頭は、動き出す蒸気機関車の様子を描写しているとも言われています。夏のひと時、ドヴォルジャークの旅した道のりに思いを馳せながら、ぜひお楽しみください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
クレセント・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
クレセント・フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
クレセント・フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
ドヴォルザークの弦楽四重奏曲 第12番 「アメリカ」のCDを検索
ドヴォルザークのチェロ協奏曲のCDを検索
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus