エウテルペ楽奏団 第35回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年9月3日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時20分)
   
会場:
府中の森芸術劇場 ウィーンホール

曲目:
ヴォーン・ウィリアムズ
 劇音楽「すずめばち」序曲
C. ドビュッシー(ビュセール編)
 小組曲
R. シューマン
 交響曲第4番 ニ短調 作品120(1841年初稿版)

指揮:
   橘 直貴

チケット: 指定席券販売
     前売券 0円
     当日券 1000円
チケット販売:
「エウテルペ楽奏団 ホームページ」よりお申し込みください
https://symphoniaeuterpe.wixsite.com/euterpe
→【チケット申込受付】

※前売券申込期限:2022年8月23日(火)まで。
(満席になり次第受付終了)
※当日券は残席がある場合のみ販売いたします。
※申し込みページ記載の【チケットのお申し込みについて】および【ご来場時の注意事項】をご確認の上お申し込みください。
※未就学児席は2〜3組分ご用意しています。
先着順で締め切りますのであらかじめご了承ください。
また、未就学児のお子様をお連れのお客様は、周囲の方にご配慮いただきますようご協力お願い申し上げます。
エウテルペ楽奏団では2022年9月3日(土)に第35回定期演奏会を開催いたします。

前回に引き続き指揮者に橘直貴氏をお迎えし、 イギリス、フランス、ドイツのそれぞれの作曲家から生まれた多彩なプログラムをお届けします。
楽しさ、美しさ、愛しさ、激しさ、切なさ、そんな感情が自然と胸に沸き上がってきて、それぞれの曲の情景や作曲者の感情が、ありありと目の前に広がってくるようなそんなプログラムとなっています。

シューマンの交響曲第4番については、1841年の初稿版を取り上げます。
こちらの版を取り上げるにあたり、エウテルペでは事前に勉強会を開き、改訂版との違いや、初稿版の魅力などを指揮者の橘氏にしっかりとレクチャーいただいた上で、初合奏の日を迎えました。シューマンが新婚の妻の誕生日に贈ったとされるこの曲に込めた大切な想いを、しっかりと表現できたらと思います。

今回も感染対策に配慮し「全席指定」でのご案内となります。
最新の状況や自治体からの要請等をご確認の上ご来場ください。

9月に皆さまと一緒に最高の時を過ごせますように。
府中芸術の森芸術劇場 ウィーンホールにてお待ちしております。

<楽団紹介>
エウテルペ楽奏団 Symphonia ”EUTERPE“
1999年7月、若手新鋭歌手グループとの共催による「フィガロの結婚」上演を契機に結成。
指揮者、橘直貴氏の構想の下、「古典的2管構成を基本とする選曲」「声楽との共演」「時代考証を踏まえた演奏」などを活動の柱に掲げ活動を続けるアマチュアオーケストラ。 室内楽演奏会も積極的に開催している。
これまでにベートーヴェンおよびメンデルスゾーン&シューマンの交響曲ツィクルスに取り組んできた。2014年よりシューベルト・シリーズを開始。様々な指揮者・演奏者と共演を重ねつつ新たな可能性を追求している。

お問い合わせ先:
<メール> (エウテルペ楽奏団 広報)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
エウテルペ楽奏団の演奏会一覧
エウテルペ楽奏団全演奏曲リスト
エウテルペ楽奏団のホームページ
ヴォーン=ウィリアムズの付随音楽「すずめばち」のCDを検索
ドビュッシーの小組曲のCDを検索
シューマンの交響曲第4番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus