エウテルペ楽奏団 第38回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2024年3月16日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時20分)
   
会場:
小金井 宮地楽器ホール 大ホール

曲目:
L.v.ベートーヴェン
 交響曲第4番 変ロ長調 作品60
R.シューマン
 交響曲第1番 変ロ長調 作品38 「春」

指揮:
   石川 征太郎

チケット: 自由席
     一般券、当日券 1000円
エウテルペ楽奏団では2024年3月16日(土)に第38回定期演奏会を開催いたします。

指揮にはエウテルペとは2回目の共演となります 石川 征太郎 先生 をお迎えいたします。
先生のご指導のもと、歌うように音楽を奏でることを目指し練習に励んでおります。

プログラムは3月の演奏会に相応しく「春」を感じる2曲を選曲いたしました。

前半はベートーヴェン交響曲第4番。
「英雄(交響曲第3番)」と「運命(交響曲第5番)」の2つに挟まれていることから、
シューマンによって「2人の巨人にはさまれた美しいギリシャの乙女のようだ」
と評されたという話が有名ですが、
キリッとした強さ、そして優しく光が差し込んでくるような輝きを感じられる曲です。

そして後半はシューマンの交響曲第1番。
こちらは副題に「春」とつけられております通り、
まだほの暗い冬の情景の中、徐々に雪解けが進み、明るい日の光が木々を照らし、
草花の芽吹きとともに春の訪れを感じさせる曲です。

演奏していますと、どちらの曲も明るい未来に向かって光の中を進んでいく、
そんな感覚を覚えます。

皆様にとって本年が光り輝く1年となることを祈りながら演奏したいと思います。

今回も皆さまと一緒に音楽を楽しめますように。
小金井宮地楽器ホールにて団員一同お待ちしております。


<楽団紹介>
エウテルペ楽奏団 Symphonia “EUTERPE”
1999年7月、若手新鋭歌手グループとの共催による「フィガロの結婚」上演を契機に結成。
指揮者、橘直貴氏の構想の下、「古典的2管構成を基本とする選曲」「声楽との共演」「時代考証を踏まえた演奏」などを活動の柱に掲げ活動を続けるアマチュアオーケストラ。 
室内楽演奏会も積極的に開催している。これまでにベートーヴェンおよびメンデルスゾーン&シューマンの交響曲ツィクルスに取り組んできた。
2014年よりシューベルト・シリーズを開始。様々な指揮者・演奏者と共演を重ねつつ新たな可能性を追求している。
招待券入手方法: 下記のリンクからお申し込みいただいた場合に限り「無料ご招待券」を郵送させていただきます。(全席自由)
お申し込みは以下リンクからのみとなります。

-------
無料ご招待 お申し込みページ
https://symphoniaeuterpe.wixsite.com/euterpe/ivt38thticket

-------
※当団ホームページ掲載の「チケット販売」のリンクからお申し込みの場合は有料となります。ご注意ください。
※全席自由
※お申し込みは2024年3月7日(木)までとさせていただきます。
※チケットは郵送いたします。
 お送りする「ハガキ」がチケットですので、当日はそのハガキをお持ちください。(送料無料)
※申し込みページ記載の【チケットのお申し込みについて】および【ご来場時の注意事項】をご確認の上お申し込みください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
エウテルペ楽奏団の演奏会一覧
エウテルペ楽奏団全演奏曲リスト
エウテルペ楽奏団のホームページ
ベートーヴェンの交響曲第4番のCDを検索
シューマンの交響曲第1番「春」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus