クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団 第2回特別演奏会 “クラースヌイ・フェスティヴァーリ”


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年2月5日(土) 
開演: 17時 (開場: 16時30分)
   
会場:
相模女子大学グリーンホール 大ホール

曲目:
N. J. ジヴコヴィッチ:
 Trio per Uno 第2, 3楽章
R. グリエール
 弦楽四重奏曲第2番 第1楽章
D. カバレフスキー
 弦楽四重奏曲第1番 第4楽章 日本初演
E. モラレス
 シティスケープス
F. メンデルスゾーン
 ピアノ三重奏曲第1番 第1楽章
A. コープランド
 市民のためのファンファーレ
河合和貴
 金管八重奏のためのラファーガ
  ピアノ: 蜷川舞
E.グリーグ
 ピアノ協奏曲
J.シベリウス
 交響詩「フィンランディア」
J.シベリウス
 交響曲第7番

指揮:
   山上紘生

チケット: 指定席券販売 入場無料
チケット販売:
https://ticketta.net/ 】にて配付(事前予約制)
本演奏会は「クラースヌイ・フェスティヴァーリ」、略し「赤フェス」と題しまして、いつもの演奏会とは少し違った趣向でお届けする特別演奏会です。

二部構成となっており、前半は団員によるアンサンブル演奏をお届けします。金管が奏するファンファーレや、おなじみグリエールやカバレフスキーの珍しい室内楽曲、さらには打楽器のみのアンサンブルなど、まさに百花繚乱というべき、賑やかなアンサンブルステージを創出いたします。
後半はオーケストラステージで、いつものロシア音楽から少し離れ、北欧レパートリーへの挑戦をいたします!クラシック音楽文化においては「周縁」に位置するロシアと北欧、政治的には難しい側面もある両者ですが、クラシック音楽を独自に受容し、その中心部たるドイツ・フランス・イタリア…とはまた違った、独自の発展を遂げたユニークな音楽文化が存することには変わりません。「辺境」に生を享け、「周縁」の文化を追ってきた私たちが、また別の「周縁」に挑むわけであります。

ご期待ください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
グリエールの弦楽四重奏曲第2番のCDを検索
カバレフスキーの弦楽四重奏曲第1番のCDを検索
エリック・モラレスのシティスケープのCDを検索
メンデルスゾーンのピアノ三重奏曲第1番のCDを検索
コープランドの市民のためのファンファーレのCDを検索
河合和貴の金管八重奏のためのラファーガのCDを検索
グリーグのピアノ協奏曲のCDを検索
シベリウスの交響詩「フィンランディア」のCDを検索
シベリウスの交響曲第7番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus