クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団 第3回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2021年10月9日(土)
会場:
習志野文化ホール

曲目:
レインゴリト・グリエール
 十月革命20周年のための祝典序曲 Op.72
ドミトリー・カバレフスキー
 交響曲第1番 嬰ハ長調 Op.18 日本初演
ドミトリー・ショスタコーヴィチ
 交響曲第12番《1917年》

指揮:
   山上紘生

クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団は、2018年に誕生した、ロシア音楽を中心に演奏するアマチュアオーケストラです。

当団の定期演奏会では、テーマに沿ったプログラムを組み、ロシア音楽の新たな価値の創出を目指しています。

一同、演奏会に向け、熱く情熱的な演奏が出来るよう日々練習しています。
 

10月に行います第3回定期演奏会では、《それぞれが見た「十月革命」》と題したプログラムをご披露致します。
ロシア帝国時代から活躍したグリエールは何を思って《祝典序曲》をものしたのか。《道化師》でしられる明快な作風が持ち味のカバレフスキーは、十月革命に遭遇した記憶からどのような交響曲を生み出したのか。
そして、ショスタコーヴィチの《交響曲第12番》に秘められた想いとは。ご期待下さい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会一覧
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団全演奏曲リスト
クラースヌイ・フィルハーモニー管弦楽団のホームページ
グリエールの十月革命20周年のための祝典序曲のCDを検索
カバレフスキーの交響曲第1番のCDを検索
ショスタコーヴィチの交響曲第12番「1917年」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus