Piano Duo Nao&Yoshiaki Nao&Yoshiaki Piano Duo Recital


クリックで拡大します

日時: 2019年8月25日(日) 
開演: 19時 (開場: 18時30分)
   
会場:
カルラホール

曲目:
サン=サーンス
 動物の謝肉祭
ローゼンブラット
 2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ
ドビュッシー
 前奏曲集 第2集より 「花火」
ドビュッシー
 喜びの島
ピアソラ
 リベルタンゴ


チケット: 自由席
     前売り・当日券(一般) 1500円
     前売り・当日券(中学生以下) 1000円
チケット販売:
前売り券は、mail: までご連絡頂ければ、お客様にお金をお振込いただいた上で手配致します。
当日券は、当日会場の受付にてお買い求めください。
私たちは、ピアノをこよなく愛する慶應生です。
今回は私たちの初リサイタルになります。デュオを結成、初リサイタルに至るまでの経緯をここで紹介したいと思います?

私たちのデュオは、所属するピアノサークルの定期演奏会でラフマニノフピアノ協奏曲第2番を2台ピアノで演奏したその時から始まりました。全楽章を弾ききったその時、自分たちに湧いてきた感情は今まで感じたことのない達成感と2人の音楽を作り上げることのできた喜びでした。この感覚をもっと多くの人達と共有したい、連弾・二台ピアノの曲の美しさを知って欲しい、その思いでデュオを結成することを決めました。

結成してからは物事はトントン拍子で進んでいきました。お互い演奏会を開いてみたい!という思いが強かったので、結成して僅か数日で今回の初リサイタルを企画することに。

曲目は私たちの好きな曲で全て統一しました?
注目ポイントは、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」です。この曲では、カーニバルで様々な個性ある動物がせわしなく行き来している姿を私たちがこっそり垣間見ることができます。一体動物達は何を祝福していて、このカーニーバルはどのような結末を迎えるのか。私たちの想像を掻き立てる楽しい曲なので、是非最後まで楽しんでもらえたらいいなと思います?
その他、ロシアの2つの民謡の主題が使われた「二人羽織」が特徴的なローゼンブラットの有名曲、ロックやジャズの要素を取り入れたピアソラのピアノ連弾曲、ドビュッシーの豊かな感性で作曲されたピアノソロ曲2曲をセレクトしました。

この初リサイタルを通じて、初めてクラシックに触れる方にも感動してもらえるような演奏を目指し、私たち自身も成長できたら嬉しいです。初演奏会に緊張しておりますが、どなたでも楽しめるような演奏会にしたいと思います。
8/25(日)カルラホールにて開催される私たちの初デュオリサイタル、是非お越し下さい!!

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
Piano Duo Nao&Yoshiakiの演奏会一覧
Piano Duo Nao&Yoshiaki全演奏曲リスト
サン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭」のCDを検索
アレクサンドル・ローゼンブラットの2つのロシアの主題によるコンチェルティーノのCDを検索
ドビュッシーの前奏曲集第2巻のCDを検索
ドビュッシーの喜びの島のCDを検索
ピアソラのリベルタンゴのCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus