オルケストラ・クラシカ第10回定期演奏会


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年12月18日(土) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
神奈川県立音楽堂

曲目:
J. S. バッハ(ウェーベルン編)
 6声のリチェルカーレ
  ゲスト・コンサートマスター: 渡辺美穂
ブラームス
 ハイドンの主題による変奏曲
  ゲスト・コンサートマスター: 渡辺美穂
シューマン
 交響曲第4番 ニ短調
  ゲスト・コンサートマスター: 渡辺美穂

指揮:
   大森悠

チケット: 自由席 2000円
チケット販売:
チケットかながわ
 神奈川県立音楽堂1Fカウンター(13:00-17:00 月曜休)
TEL: 0570-015-415(10:00-18:00)
インターネット  https://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/
チケットぴあ(Pコード:193452)
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=2103360
イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/3383430001-P0030001
ローソンチケット(Lコード:34483)
http://l-tike.com/order/?gLcode=34483
楽天チケット
https://ticket.rakuten.co.jp/music/classic/orchestra/RTO9OK1/
カンフェティ
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=60656&
パスマーケット
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n4uj11gnxtw.html
チゲット
https://tiget.net/events/120722
ライブポケット
https://t.livepocket.jp/e/classica10
テケト
https://teket.jp/185/2962
コンパス
https://conpas.me/concert/detail/id/715/
『6声のリチェルカーレ』は様々な楽器が旋律をリレーして織る音楽のタペストリー。18世期にJ.S.バッハが書いた室内楽曲を20世紀の作曲家ウェーベルンが小編成のオーケストラ用に編曲した作品です。
『ハイドンの主題による変奏曲』は、変奏曲を最も得意としたブラームスがオーケストラの色彩を無限のパレットに広げて筆をふるった作品です。当団自慢の名手たちの活躍にご期待ください。
シューマンの交響曲第4番ニ短調は誕生日プレゼントとして妻クララに贈られた交響曲。ニ短調の荘厳な響きに乗せて、「歌の人」シューマンが格調高く流麗なセレナーデを奏でます。
2013年に生まれたクラシカは、第10回の節目に更なる変化と飛躍をのぞみます。常若のオーケストラにどうぞご期待ください。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
オルケストラ・クラシカの演奏会一覧
オルケストラ・クラシカ全演奏曲リスト
オルケストラ・クラシカのホームページ
オルケストラ・クラシカのツイッターアカウント
ヴェーベルンのJ.S.バッハの「6声のリチェルカータ」に基づくのCDを検索
ブラームスのハイドンの主題による変奏曲のCDを検索
シューマンの交響曲第4番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus