オーケストラ《エクセルシス》 第5回演奏会

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2014年9月23日(火)
会場:杉並公会堂

曲目:
デュボワ: アドニス - 3部からなる交響詩 日本初演
ゴーベール: 海の歌 - 3つの交響的絵画 日本初演
マニャール: 交響曲第4番 嬰ハ短調

指揮:
   大浦智弘

~アルベリク・マニャール没後100年に寄せて~
毎年1回のペースで、スウェーデン、ポーランド、イギリス、バルト三国と音楽の旅をしてきたオーケストラ《エクセルシス》、今年はフランスへ。マニャールの交響曲をメインに、19世紀後半から20世紀前半に活躍した3人の作曲家を取り上げます。
 サン=サーンスやフォーレ、ダンディなどと同時代に活躍した事が音楽からも感じられるデュボワ、印象派の影響を聴く事ができるゴーベール、後期ロマン派の雰囲気が漂うマニャールという、趣の異なる音楽で、この時代のフランス音楽を普段とは別な角度から感じていただければ幸いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会この団体の次の演奏会→
オーケストラ《エクセルシス》の演奏会一覧
オーケストラ《エクセルシス》全演奏曲リスト
オーケストラ《エクセルシス》のホームページ
オーケストラ《エクセルシス》のツイッターアカウント
テオドール・デュボワのアドニス-3部からなる交響詩のCDを検索
フィリップ・ゴーベールの海の歌ー3つの交響的絵画のCDを検索
アルベリク・マニャールの交響曲第4番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus