音楽集団おとつくらぼ 第03回 新作 演奏会 “ FACE ”


クリックで拡大します

開催されるかどうか、お出かけの前に必ず主催者様のホームページでご確認ください。
日時: 2021年2月6日(土) 
開演: 13時30分 (開場: 13時)
   
会場:
フェニーチェ堺 小ホール

曲目:
山来幸太:
 Narcissus 世界初演
山来幸太:
 EGA-men ~Ramen noodles in miso flavored soup~ 世界初演
宇野芳宣:
 四つの詩による歌曲集「肖像画」(作詞: TUCCA ) 世界初演
宇野芳宣:
 水鏡(みずかがみ) ~二対のクラリネットとファゴットのための 世界初演
得本和音:
 笑顔の過程 -サックス四重奏とピアノの為の- 世界初演
得本和音:
 Face to Face 世界初演
矢藤学:
 ソフィアの微笑み ーサクソフォーン四重奏のために 世界初演
矢藤学:
 笑う星の7つの断章 ー金管六重奏のために 世界初演


チケット: 自由席 入場無料
「音楽集団おとつくらぼ」は、演奏会の中で「作曲」に焦点をあてた団体で、作曲家には「試行錯誤の場」の創出を、演奏家には「作曲家と作品を『完成』する体験の共有」を目的としています。
 4人の作曲家が同じテーマで自由に作曲し、プログラムはすべて新作初演。同じテーマをどう捉え、どう表現するのか、その違いを楽しんでいただければと思います。また、すべて新作初演のため、どんな作品が飛び出すかは予習不能。古典的?ロマン派的?ポップな作品?映画音楽みたい?ジャズ?前衛的?現代的?実験的?……来てのお楽しみ、感じるままに楽しんでいただければと思います。

 第03回となる今回の新作演奏会、今回のテーマは「FACE」と題し、文字のまま「FACE」をテーマに作曲を、そしてF-A-C-Eの響きから始まることを、作曲家に課しています。「FACE」はご存知の通り「顔」、そこから派生して「表情」や「直面すること」などに発想することができます。作曲家は発想や表現の仕方、テーマの選び方に苦労しているようでしたが、絵画や神話、物語に着想を得たり、鏡のように媒体を通して見た顔やその様子をイメージしたりと、今回もまた過去の演奏会に負けず劣らず個性の豊かな作品が集まりました。
 また、今回はおとつくらぼ初の「作品冒頭の響き」縛りです。作曲家は同じ響きからどのように派生させていったのでしょうか。そして演奏家は、初めての作品にどう取り組み、形にしたのでしょうか。ここで初めて聴ける、ここから発信される作品たちを、ぜひ会場で一緒に見届けましょう。

【プログラム(すべて書き下ろし新作初演)】
 山来幸太:Narcissus [Fl, Ob, Cl, Hrn, Fg]
 山来幸太:EGA-men ~Ramen noodles in miso flavored soup~ [2 Tp, Hrn, Tb, Tuba]
 宇野芳宣:四つの詩による歌曲集「肖像画」(作詞: TUCCA ) [Vo.(Sop), Pf]
 宇野芳宣:水鏡(みずかがみ) ~二対のクラリネットとファゴットのための [2 Cl, 2 Fg]
 得本和音:笑顔の過程 -サックス四重奏とピアノの為の- [Sax quartet (Sop, Alto, Ten, Bar), Pf]
 得本和音:Face to Face [4 players, Piano]
 矢藤学 :ソフィアの微笑み ーサクソフォーン四重奏のために [Sax quartet (Sop, Alto, Ten, Bar)]
 矢藤学 :笑う星の7つの断章 ー金管六重奏のために [2 Tp, Hrn, Tb, Euph, Tuba]

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
音楽集団おとつくらぼの演奏会一覧
音楽集団おとつくらぼ全演奏曲リスト
音楽集団おとつくらぼのホームページ


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus