音楽集団おとつくらぼ 第02回 新作 演奏会 “ 灯 –akari- ”


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2020年3月7日(土)
会場:
堀江アルテ

曲目:
江川優里:
 木管五重奏のための「煖炉のかたはら」 世界初演
江川優里:
 Photon: Wave–Particle Duality 世界初演
得本和音:
 二つの弦楽四重奏とサックス四重奏の為の「管理された夜景」 世界初演
下田雄史:
 従量電灯A ~楽器群、音具群の為のアフォリズム~ 世界初演
下田雄史:
 淵源する走馬燈 世界初演
村井輝久:
 ホームズの眠らぬ夜 世界初演
村井輝久:
 四季のボトルライト 世界初演

指揮:
    室内楽(一部曲で作曲者が指揮)

 「音楽集団おとつくらぼ」は、演奏会の中で「作曲」に焦点をあてた団体で、作曲家には「試行錯誤の場」の創出を、演奏家には「作曲家と作品を『完成』する体験の共有」を目的としています。
 4人の作曲家が同じテーマで自由に作曲し、プログラムはすべて新作初演。同じテーマをどう捉え、どう表現するのか、その違いを楽しんでいただければと思います。また、すべて新作初演のため、どんな作品が飛び出すかは予習不能。古典的?ロマン派的?ポップな作品?映画音楽みたい?ジャズ?前衛的?現代的?実験的?……来てのお楽しみ、感じるままに楽しんでいただければと思います。

 第02回となる今回の新作演奏会、今回のテーマは「灯 -akari-」と題し、「人工的な光」に焦点をあてました。夜景をテーマにした作品や、あかりの持つ温度感やゆらめきへのアプローチ、電気料金から着想を得た作品、ファンタジーな作品、など、今回も個性的な作品が集まりました。演奏家も、音源もない初演作品に苦労しながらも、作曲家と一緒に作品を作り上げています。
 作曲家は、抽象的なこの言葉から、どのように発想を飛躍させ、形にしたのでしょうか。演奏家は、初めての作品にどう取り組み、形にしたのでしょうか。ここで初めて聴ける、ここから発信される作品たちを、ぜひ会場で一緒に見届けましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
音楽集団おとつくらぼの演奏会一覧
音楽集団おとつくらぼ全演奏曲リスト
音楽集団おとつくらぼのホームページ


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus