フィルハーモニア・エテルナ 第2​4​回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2018年9月17日(月)
会場:
すみだトリフォニーホール 大ホール

曲目:
十束尚宏
 ギルガメシュ叙事詩より
M.ロージャ
 ヴァイオリン協奏曲​ ​作品24 日本初演
  ヴァイオリン: ヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者)
D.ショスタコービッチ
 交響曲第8番ハ短調​ ​作品65

指揮:
   十束尚宏

フィルハーモニア・エテルナ(PHILHARMONIA AETERNA)は、東京で活動しているアマチュアオーケストラです。
当団は設立以来、アマチュア最高レベルの技術と、アマチュアだからこそ大切にし続けている情熱をステージ上で両立・融合させることにより、圧倒的な演奏と独自の空間をお客様に「体感」して頂くことを目標に活動を続けております。

今回の演奏会は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者であるヴィルフリート・和樹・ヘーデンボルク氏をお迎えし、ロージャのヴァイオリン協奏曲の日本初演、ショスタコーヴィチの交響曲第8番を取り上げるほか、指揮者十束尚宏氏の作品を演奏いたします。

団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
フィルハーモニア・エテルナの演奏会一覧
フィルハーモニア・エテルナ全演奏曲リスト
フィルハーモニア・エテルナのホームページ
十束尚宏のギルガメシュ叙事詩よりのCDを検索
ロージャ・ミクローシュのヴァイオリン協奏曲のCDを検索
ショスタコーヴィチの交響曲第8番のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus