TAKE★SAT’eliccO(テイク★サテリッコ)vol.6 ~テイク★サテリッコと魔法の国~


クリックで拡大します

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2022年12月20日(火) 
開演: 19時 (開場: 18時30分)
   
会場:
兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

曲目:
スコット=クライスラー:
 蓮の国(Lotus Land) Op.47 No.1
ヘンデル=ハルヴォルセン
 パッサカリア
イングランド民謡:
 グリーンスリーブス
エルガー
 エニグマ変奏曲より
フンパーディング
 歌劇「ヘンゼルとグレーテル」より

   テノール: 竹内直紀
   ヴァイオリン: 佐藤一紀
   ピアノ: 三浦栄里子
   ヴィオラ: 春日井久美子
   チェロ: 一樂 恒
   フルート: 由利友樹子

チケット: 自由席
     自由(一般) 3000円
     自由(学生) 2000円
チケット販売:
予約フォームhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScCb0e6AW3n97TJ6C3aATwYCy1efbts2WcLeKQs2eomv6ei0w/viewform

芸術文化センターチケットオフィス(月曜休み※祝日の場合翌日)
電話:0798-68-0255
本格的なクラシックから映画音楽、そしてアニメソングまで幅広いレパートリーを持つトリオユニット、テイク★サテリッコの第7弾!!
結成から2年目を迎え、ホームグラウンドともいえる兵庫県立芸術文化センターでの公演も5回目となりました。色々なゲストをお迎えしながら活動の幅を広げてきましたが、今回はヴィオラ、チェロ、フルートのお三方とご一緒します。

今回は〜テイク★サテリッコと魔法の国〜と題したコンサート。
中世以来、ファンタジー文学の発祥地はなんとイギリスなのです。
ケルト文化とゲルマン文化の混ざった島国であるイギリスでは、
キリスト教伝来以前の古代から、魔法や精霊を信仰する多神教の文化がありました。
他にもタロットや占星術など、目に見えない謎やオカルト、魔法に対する研究も盛んです。

ミステリー小説の分野では、かの「シャーロック・ホームズ」のコナン・ドイル、
「名探偵ポアロ」のアガサ・クリスティー、近年のファンタジー小説では「ハリー・ポッターシリーズ」のJ.K.ローリングなど数々の作家を輩出してきました。
聞き馴染みのある古い民謡などを元に、素晴らしい楽曲を作り上げてきたイギリスの作曲家の作品を中心に、数々の名曲をお送りいたします。

ミステリー好きのあなた、魔法の国のミステリーツアーにどっぷりとハマってみてはいかがですか?

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
TAKE★SAT’eliccO(テイク★サテリッコ)の演奏会一覧
TAKE★SAT’eliccO(テイク★サテリッコ)全演奏曲リスト
TAKE★SAT’eliccO(テイク★サテリッコ)のホームページ
ヨハン・ハルヴォルセンのヘンデルの主題によるパッサカリアのCDを検索
エルガーのエニグマ変奏曲のCDを検索
フンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus