弥生室内管弦楽団 第51回演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年10月20日(日)
会場:
第一生命ホール (晴海トリトンスクエア内)

曲目:
モーツァルト
 フリーメイソンのための葬送音楽 ハ短調 K.477(479a)[初稿]
ハイドン
 交響曲第97番 ハ長調
ベルリオーズ
 幻想交響曲 作品14

指揮:
   小出英樹

 弥生室内管弦楽団は今年創設35周年を迎え、第50回演奏会では大曲を取り上げましたが、第51回演奏会でも室内管弦楽団らしからぬベルリオーズの幻想交響曲を演奏いたします。クラシック音楽の超有名曲で、この曲の凄さをご存知の方も多いでしょう。そもそもベルリオーズの指定する楽器編成を忠実に履行するのは非常に困難であり、ベートーヴェンの死後僅か3年の1830年、突然変異的に作曲された、猟奇的な設定の異常な作品なのです。弥生室内管弦楽団ならではのこだわりの演奏をお楽しみください。
 ハイドンは第1ザロモン・セットの中で一番最後に書かれたとされる第97番です。ハイドンが残した最後のハ長調の交響曲で、ベートーヴェンを想わせる力強い響きにあふれた渾身の名作。第2楽章では当時では珍しいスル・ポンティチェロ奏法(超絶技巧)の指定があります。
 モーツァルトが秘密結社フリーメイソン会員であったことは大変有名で、フリーメイソンのために多くの曲を残していますが、最も有名なのはこの葬送音楽です。レクイエムでも登場するバセットホルンという楽器が入っておりますので、お見逃しなく。
 今回のプログラムは不揃いのなようで、ハ長調とハ短調の曲での統一感を持たせています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
弥生室内管弦楽団の演奏会一覧
弥生室内管弦楽団全演奏曲リスト
弥生室内管弦楽団のホームページ
モーツァルトのフリーメイソンのための葬送音楽のCDを検索
ハイドンの交響曲第97番のCDを検索
ベルリオーズの幻想交響曲のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus