ドリーブ

クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブ(Clement Philibert Leo Delibes, 1836年2月21日 - 1891年1月6日)は、バレエ音楽や歌劇で知られるフランス・ロマン派の作曲家である。「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれる。優美で繊細な舞台音楽を残した。
●ドリーブの曲を演奏する演奏会
(今後のが1件、過去のが241件登録されています)

●登録されているドリーブの作品一覧(3件登録)
●ドリーブのCDを検索
演奏される機会の多い曲ランキング
1. バレエ組曲「コッペリア」:135回
2. バレエ組曲「シルヴィア」:105回
3. 歌劇「ラクメ」:4回
ドリーブ率の高い団体ランキング
(2回以上演奏会情報が登録されている団体のみ)
1. 川崎市民交響楽団:16.6%のドリーブ率
2. オーケストラ・ミュズニック:12.5%のドリーブ率
2. ノートルダム女学院中学高等学校オーケストラクラブ:12.5%のドリーブ率
2. 同志社ジュニアシンフォニー:12.5%のドリーブ率
ネット上のドリーブ関連情報(自動収集)
ヤフオク! - D00100530/CD/ユーディ・メニューイン「ドリーブ... (2021-2-25 17:37:14)
コッペリア~ドリーブ作曲 古屋ピアノ・エレクトーン教室 のブログ (2021-2-25 11:07:05)
L.ドリーブ オペラ『ラクメ』より「若いインドの娘はどこへ?」 (2021-2-12 20:26:00)
comments powered by Disqus