ユーゲント・フィルハーモニカー 特別演奏会

開催については必ず主催者様のホームページでご確認ください。感染症対策をしっかりとった上でお出かけください。
日時: 2021年8月1日(日) 開演: 14時 (開場: 13時15分)
   
会場:杉並公会堂 大ホール

曲目:
グリンカ: 歌劇《ルスランとリュドミラ》序曲
シューベルト: 交響曲第7番《未完成》
ドヴォルザーク: 交響曲第9番《新世界より》

指揮:
   安斎拓志

チケット: 指定席券販売 1,000円
チケット販売:
電子チケットteket
https://teket.jp/345/4220
▼”楽狂の時”
昨年に続き2回目となる都内での特別公演。今回はクラシック音楽の代表的存在とも言える、屈指の人気を誇る名曲レパートリーばかりをお届けする。熱狂的な《ルスランとリュドミラ》に続く《未完成交響曲》は、第1回定期演奏会で取り上げユーゲントフィルの始まりとなった1曲。過去の演奏会の興奮を蘇らせる、あるいは初めてお客様にも親しみやすい、音楽ファンによる音楽ファンのためのセットリストが並んだ。

▼新世界より、新世界へ
故郷ボヘミアを離れアメリカへ渡ったドヴォルザークは、原住民の音楽に可能性を見出し《新世界交響楽》を綴った。稀代のメロディーメーカーですら感銘を受けた旋律たち、土壌の育んだ音楽からかつての農奴たちにシンパシーを抱き祖国に思いを重ねた。このユニークな手紙は忌避されぬようヨーロッパ全土へ届けられ、豊かなムードが世界中に共鳴し最も有名な交響曲として数えられているのは言うまでもない。

この時世で故郷へ帰ることが叶わぬまま人は多い。ユーゲントフィルの地方公演も2年連続で中止となった。音楽家たちの舞台はイーハトーヴォから遠く離れる一方、人種至上主義が衝突を生む今日の”新世界”はドヴォルザークの高潔さを今一度噛みしめる時ではなかろうか。望郷の念を運び、純真を熱く照らす一時が生まれることに期待したい。
招待券入手方法: ▼先着20名(1組2名様まで)
[氏名][人数][連絡先]を記入の上【メール】にてお申込ください。

※別途電子チケットお求めのお手続きが必要となります。
※緊急連絡先のご登録をお願いしております。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
ユーゲント・フィルハーモニカーの演奏会一覧
ユーゲント・フィルハーモニカー全演奏曲リスト
ユーゲント・フィルハーモニカーのホームページ
ユーゲント・フィルハーモニカーのツイッターアカウント
グリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」のCDを検索
シューベルトの交響曲第7番「未完成」のCDを検索
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus