東京大学音楽部管弦楽団 第104回定期演奏会


クリックで拡大します

これは既に終了した演奏会です。
日時: 2019年1月20日(日)
会場:
サントリーホール大ホール

曲目:
ラヴェル
 組曲「マ・メール・ロワ」
R.シュトラウス
 交響詩「死と変容」作品24
サン=サーンス
 交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン付き」
  オルガン: 小島弥寧子

指揮:
   三石精一(当団終身正指揮者)

東京大学音楽部管弦楽団は1920年からの歴史を誇る、東大生のみで構成されたオーケストラです。
この第104回定期演奏会では「マ・メール・ロワ」「死と変容」「オルガン付き」の3曲を、当団終身正指揮者・三石精一の指揮でサントリーホールにて演奏いたします。
東大生の奏でるクラシックの響き、ぜひ聴きにいらしてください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
東京大学音楽部管弦楽団の演奏会一覧
東京大学音楽部管弦楽団全演奏曲リスト
東京大学音楽部管弦楽団のホームページ
東京大学音楽部管弦楽団のツイッターアカウント
ラヴェルのマ・メール・ロワのCDを検索
リヒャルト・シュトラウスの交響詩「死と変容」のCDを検索
サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus