TAMA21交響楽団 第25回定期演奏会


クリックで拡大します

日時: 2018年10月28日(日) 
開演: 14時 (開場: 13時30分)
   
会場:
ミューザ川崎シンフォニーホール

曲目:
ラヴェル
 古風なメヌエット
ラヴェル
 「ラ・ヴァルス」管弦楽のための舞踏詩
レスピーギ
 交響詩「ローマの噴水」
サン=サーンス
 交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン付き」
  オルガン: 森武靖子

指揮:
   井﨑正浩

チケット: 自由席 1000円
チケット販売:
チケットぴあ
0570-02-9999
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1832103
TAMA21交響楽団は、広く三多摩地域で活動しているアマチュアオーケストラです。
平成5年、東京都により多摩東京移管100周年を祝ったイベント「TAMAらいふ21」が開催された際、“一回限りのオーケストラ”として結成されましたが、一部のメンバーが解散を惜しみ、イベント終了後に新たに自主運営のオーケストラとして再始動。2013年には、マーラーの交響曲第3番で活動20周年を迎えました。

今回の第25回定期演奏会は、盛り沢山のフランス・イタリアプログラム!第22回定期演奏会で「春の祭典」「ブラームス交響曲第2番」というチャレンジプログラムを指揮してくださった井﨑先生と、再び大ボリュームプログラムに挑戦致します。
当団主催公演としては初の多摩地域外公演となります。ミューザ川崎シンフォニーホールの素晴らしいオルガンで、サン=サーンスのオルガン付きを演奏できることを、団員一同もとても嬉しく思っています。
是非皆様のご来場をお待ちしております。

お問い合わせ先:
<メール>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote
←この団体の一つ前の演奏会
TAMA21交響楽団の演奏会一覧
TAMA21交響楽団全演奏曲リスト
TAMA21交響楽団のホームページ
TAMA21交響楽団のツイッターアカウント
ラヴェルの古風なメヌエットのCDを検索
ラヴェルのラ・ヴァルスのCDを検索
レスピーギの交響詩「ローマの噴水」のCDを検索
サン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」のCDを検索


演奏会の補足説明、演奏会の感想などご自由にお書きください。
comments powered by Disqus